【商品名】超実践復縁経験者が伝える最強復縁術(女性版)

商品ページ画像

小林 祐介復縁のハウツー本 PDF95ページ、特典7ページ2021-05-09
はじめまして、私は秋山きのこと言います。
会社員として働いており、真面目な性格です。

好きなものは映画と彼女の手作りの料理で、
一見そこら辺にいる普通の男子に見えます。

しかし私は、話を聞くと誰もが驚くものすごい情熱を持っています。

彼女への情熱です。
私が付き合った初めての相手であり、6年間付き合った後とある理由で別れてからも、どうしても諦められませんでした。

そこで、彼女を再び取り戻すために悪戦苦闘し、9ヶ月後にようやく彼女の心を再び射止めることができたのです。

あなたもきっと、昔の私のように、

「元カレとよりを戻したい」
「今カノから大好きな彼を奪い返したい」
「冷めてしまって破局寸前の彼と、何とか元に戻りたい」

とお悩みだと思います。

そんなあなたには、私の復縁の体験談が参考になると思います。
ですので、これから私が話す『衝撃の』恋バナをぜひ聞いていってください...

あれは2013年の4月のこと。
当時私は、ニューヨークの美術大学に留学していました。

ニューヨークの春は少し肌寒く、まだトレンチコートを着ている人たちが大半。

ただ、公園には日本と同じように桜が咲いており、私は桜を見るたび、遠く離れた故郷である日本を思い出していました。

彼女と初めて出会ったのは、そんなニューヨークの春先のことでした。

ニューヨークの大学でも、日本と同じようにオリエンテーションが行われます。
ただ、国際色豊かな街なので、私のような日本人はもちろんのこと、アジア系、アフリカ系の人も数多くいます。
その国際色豊かなニューヨークの大学のオリエンテーションで、私は中国人の女性と出会いました。


気恥ずかしくて言葉は交わしませんでしたが、お互いに目が合って一目惚れ。

その中国人の女性を見て、「この人こそ私の運命の相手だ」

と直感した私は、お互いの共通の友達の力を借りて連絡先を交換。

映画や食事のデートへ連れていき、積極的にアプローチ。

初めて会ってから2週間後に、ユニオンスクエアで告白し付き合い始めました。

しかし、お互い好き同士だったので、順調に行くかと思いきや、ドタバタの恋愛劇が待ち受けていました。。。

私にとって、彼女は初めての交際相手でした。
そのため、どう相手に好意を伝えたら良いのかわからず、彼女に「本当に私のことが好きなの?」と誤解されがちでした。

さらに彼女は、私が異性の同級生と話をするだけでヤキモチを焼いてくるくらい嫉妬深い性格。

もともと気の強い中国人であるということもあり、ケンカが本当に絶えませんでした。

そのケンカのせいで、たった2週間で破局しましたし、ヨリを戻した後も、毎週のように言い争っていました。

ですが、その度に気づくんですよね。 私にとって彼女は本当に重要だってことに。
気の強さとは裏腹に、彼女は本当に優しく献身的な性格で。

交際し始めてから2年経った後、私はうつ病で入院したのですが、その時手作りの料理を毎日届けてくれたのです。

しかも、講義が終わった後、往復で2時間かかる私の病院に、わざわざ届けに来てくれたのです。

そのひたむきな献身さに、私は本当に心を打たれました。

彼女との結婚を考え始めたのはちょうどその頃だったかなと思います。
ただ、彼女が一生懸命看病してくれたにもかかわらず、私はうつ病から立ち直れず、とうとう大学を中退してしまいました。治療に専念するために、私は日本へ戻りました。

しかし彼女は、私が病をわずらった身であるにもかかわらず、私を追いかけて日本へ来てくれたのです。

中国人の彼女にとって日本は、まったくの異国の地であるというのに。

もちろん私たちは日本で一緒に暮らすことにしました。

お互い愛し合っていたし、結婚の話も実際にしていました。

しかし...

交際から6年が経ち、私たちは引き続き同棲をしていました。

しかし、その頃から彼女の態度に異変が見られるようになりました。

素っ気なく、冷たくすら感じるようになったのです。

ただ、その彼女の態度の変化も、今から思えばごくごく当然のことでした。

当時私は定職についておらず、「大丈夫なの?」といつも不安がられていました。
しかもうつ病でしたから、精神的に彼女に依存せざるを得ず、その姿勢がひどく頼りなく見えたのでしょう。
ちょうどその頃から彼女は、ある男と連絡を取るようになりました。

しかし、当時の私は、大丈夫だろうと高をくくっていました。

6年間も付き合っていたし、ずっと愛しあっていたのだから、すぐに元に戻れるだろうと楽観視していたのです。
ですが、彼女の誕生日を迎えた時、もう決定的に、彼女の気持ちが冷めてしまっていることに気づいたのです。

誕生日にはレストランへ行って、手作りのバースデーカードを渡すのが恒例なのですが、いつもは弾けるような笑顔で大喜びしてくれる彼女。

しかし、その時は明らかに笑顔が減っていたのです。

ですがそれでも私は、彼女との別れなんて夢にも思っていませんでした...

2019年の夏ごろだったと思います。
ある時、私たちはいつものようにケンカをしました。

原因すらもよく覚えていない、本当にささいな
ケンカだったのですが、私は怒ってつい
「じゃ、別れようか?」
と言ってしまったのです。

否定してくれるかと思いきや、彼女の返事は
「そうしよっか」。

意表を突かれた私は、彼女を問い詰めました。
「なぜ別れたいの?」

しかし彼女は、「だってあなたはフリーターだし...」「だって私とあなたじゃ合わないし...」と、どうにも煮え切らない様子で。
「おかしいな」と思った私は彼女を問い詰めました。

すると彼女は、
「実は他に好きな人がいるの...」と打ち明けたのです。

その好きな人とは、私たちの関係が冷え始めた時に彼女が連絡を取るようになった男のことでした。
私は、目の前の全てが崩れ落ちるような感覚にさいなまれました。

うつから治りたてで、定職にも就いておらず家にいることの多かった私にとって、一日の大部分は彼女との時間でした。

彼女は私の全てと言っても過言ではありませんでした。
その全てだった彼女の心に、私はもういない。
私は泣きました。

泣いて泣いて泣きじゃくりました。

本心ではないのに、激しいケンカや言い争いをしてまで彼女にすがることすらしました。
しかし彼女の答えは常にNO。

これ以上、説得は無理だと悟った私は、彼女に「今までありがとう」と泣く泣く別れを伝えました。

こうして私たちは、
愛し合った6年間の交際の果てに、別れという最悪のピリオドを打ったのです。
別れた後の私は、死人も同然でした。

二週間はベッドから出られず、夜も睡眠薬がないと眠れなくて。食欲もまったくわかず、ただひたすら泣いたりわめいたりばかりしていました。

また、かつては辞めていたタバコも、ストレスからどうしても逃れたくて手をつけてしまいました。

そんな廃人も同然の生活を送りながらも、心からどうしても消えないのです。

彼女のはじけるような笑顔が。
彼女との、ケンカはしながらもずっと幸せで、楽しくて仕方がなかった
6年間の思い出が。

その幸福だった過去を思い出しては泣き、薬やタバコで無理矢理落ち着かせるという地獄の毎日を送りながら、私の中でふつふつと湧き上がって来る感情がありました。

「どうしても彼女のことを諦められない。何とかして取り戻したい」
という、彼女への色褪せない情熱です。

私はその情熱を胸に、「何が何でも彼女ともう一度ヨリを戻す」と心に誓いました。

直接説得しても無理だった元カノとヨリを戻すためには、共通の友人を介して会ったり、伝言を頼んだりと間接的なアプローチをするのが一般的でしょう。

しかし私はそうしませんでした。

LINEをブロックされてしまうくらい嫌われていましたし、またこの頃から復縁に関する本を片っぱしから読んだり復縁カウンセラーに相談したりすることで、表面的なアプローチではダメだと知ったからです。

それで私は、彼女に会いたいという気持ちを必死で押さえながら、とあることを始めました。

自分磨きです。

というのも、冷静になって考えてみれば、
いくら最後は私のことを嫌いになってしまったとはいえ、

元カノは昔、確かに私のことを好きだったのだということに気づいたからです。

だから、たとえ何十回とケンカをしても離れずにいてくれたし、私を追って日本にまで来てくれたし、うつだった私と同棲までしてくれた。

あなたもそうではないでしょうか。

当たり前ですが、好きでもないのに付き合う人なんていません。
あなたの元カレは、たとえ今がどうであれ、
あなたのことが好きだった時期が確実にあったのです。

ならば、きっとどこかで私は、彼女の気持ちを裏切るような行動を取ってしまっていたのではないか?

彼女が好きだった私の長所や性格が、いつの間にか色褪せて長所が長所でなくなっていたのではないか?
と考えたのです。

それで私は、元カノに何とかもう一度振り向いてもらうため、毎日必死で自分磨きをしました。

・元カノが好きだった俳優にヘアスタイルを近づける
・毎日ジムで体を鍛える
・1日1回以上人助けをする
・中国語の勉強を毎日1時間以上する
・就職をする

などなど、思いつく限りのことは全て実行に移しました。

元カノが好きでいてくれた「かつての私」に自分を近づけるためです。
私はその準備期間を3ヶ月程度設け、次の行動に移りました。

3ヶ月の準備期間のあと、元カノに再びアプローチすべく行動を開始しました。
しかし、お話ししたように、LINEはブロックされています。

ではどうやって連絡を取ったのか?
ずばりメールです。

電話もLINEもできないのですから仕方ありません。
メールでのやりとりなんて、まるでガラケーを使ってた高校生時代に戻ったかのように、
時代錯誤的な感覚は否めませんでした。

それでも私は、どうにか元カノに振り向いてもらうために本当に必死だったのです。

「会いたい」「よりを戻したい」という私の願望を押し付けるのではなく、「コロナ大丈夫?マスク足りてる?」などと
相手を気づかうメールを心がけました。

その結果、最初から返信があったわけではさすがにありませんでしたが、
2通目で元カノから返信が来ました。
私にとってその返信は、メール上であるとはいえ、久しぶりに聞いた元カノの生の声でした。

破局してからすでに8ヶ月が経過してたかと思います。

死ぬほど嬉しく、今すぐにでも元カノに会いに行きたい気持ちを必死にこらえ、

私は自分磨きを続けました。

そして、破局から9ヶ月後。
彼女の誕生日に、私は再びメールをしました。

メールを送ったあと、驚くことに元カノから電話が来て、

「いつも私のこと気づかってくれてありがとう。やっぱり私、あなたともう一度やり直したいんだけど、どうかな?」

と復縁したいと向こうから言われたのです。

もちろん私は喜んで「俺ももう一度やり直したい」と伝えました。
こうして私は、6年間付き合った最愛の彼女を再び取り戻したのです。
今では、かつてと同じように彼女と同棲をし、幸せに暮らしています。

ケンカをするのは相変わらずですが笑

そして私は、自分自身が復縁を目指し、

・復縁に関する本を読みあさる
・SNSで復縁や恋愛の情報を集める
・復縁カウンセラーに相談する

など、ありとあらゆる復縁の情報やノウハウを集め、実践してきました。

その中で痛感したのが、かつての私と同じように、
「復縁は無理なのではないか?」

と思っている人が非常に多いこと。

あなたももしかしたらそう思っているかもしれませんね。
無理はありません。

それほど世の中には、
正しい復縁の「やり方」が出回っていないのです。

「人の気持ちは変えられない」
「一度別れた人とより戻すなんてムリムリ」
「元カレなんて忘れて、新しい男探しなよ」

といったような、常識とも偏見ともつかぬ根拠のない考え方ばかりが広まってしまっているのです。

しかしその一方で、かつての私や今のあなたのように、別れた相手とどうにか復縁したくて、その方法を必死で探している人たちがいるのも事実。

そこで私は、自分が実際に行って効果のあった復縁のノウハウを1冊のレポートにまとめ、復縁を心から願う人たちのお手伝いを始めることにしました。

¥9,800 商品サイトに行く




他の人が見ている商品

前
後
関連する商品

他サイトの同一商品

総合商品紹介所(https://find.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
儲けネタ(https://goods.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
オンライン販売所(https://online.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
ショップ(https://shop.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
情報(https://info.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
情報販売(https://infobest.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
セール(https://sale.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
フリーマーケット(https://freemarket.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
情報市場(https://market.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
情報楽座(https://rakuza.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
情報楽市(https://rakuichi.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
副業情報満載(https://sidejob.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
在宅で稼ぐ(https://athome.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
在宅で副業(https://fukugyou.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
在宅案件満載(https://zaitaku.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
在宅でお仕事(https://zaitakujob.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
オンラインDE副業(https://onlinejob.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
在宅ライフ(https://zaitakulife.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
副業ライフ(https://fukugyolife.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)
情報商材レビューまとめサイト(https://reviewsummary.lpsuper.com/shohinpage/hp91361.php)