【商品名】15歳まで、反抗期をほぼ迎えることなく育てたい方、他にいませんか?

商品ページ画像

石川 賢治PDF211ページ2021-03-26
15歳までのお子さんを、反抗期をほぼ迎えることなく育てたい方、他にいませんか?

以下の3つの三大サポートを無料で受けられる!

安心!
以下のサポートを無料で受けつつ、今の収入より多く稼ぐために挑戦してみませんか?
1、LINEでのコンサル
2、メールでのコンサル
3、電話でのコンサル

ご覧いただき、誠にありがとうございます。

このプログラムでは、上記の通り、
1、LINEでのコンサル
2、メールでのコンサル
3、電話でのサポート
の3つをお付けしていますので、誰でも、人生を変えるための方法を、実践し、つまずいても、何度でも相談することができます。

このプログラムでは、子育てに悩んでいるお母さんお父さんはもちろん、これから母親になる女性、子供を持ちたい方など、何かしら子供に関わっている全ての方々に捧げるプログラムです。

そして、あなたの考えを変え、行動を変える可能性があり。
即日実践できる、
「今日から使えるお金の管理術」
「親も子供も幸せになるしつけ法」
「今日から始められる収入アップのための副業紹介」

など、誰でも、即日、実践できるコンテンツも多数用意しています。

・子供が言うことを聞かない
・思いがけないことが起こり、思ったよりお金がかかる
・子供が何を考えているか分からない

この3つの悩みを持つ方は本当に多いです。

また、分かっているけど、どうしようもない。
そんな方も多いです。

安心してください。
このプログラムの学習に一日15分使えば、子育てに必要なお金の問題の解決策が分かり、年齢ごとの子供のしつけの方法が分かり、子供がいても、「まるで独身のように」自分の時間が作れる方法が分かります。
きっと、子育てが楽しくて仕方なくなることでしょう。

このプログラムに参加いただければ、それが実際にできることが十分に可能だとお分かりいただけるはずです。
つまずいたら、LINE、メール、電話で相談され、コンサルを受けてください。
また前に進めるようになります。
特に、メールとLINEのコンサルですが、回数無制限です。
何度でも受けれます。
さらに、無償での商品のアップデートも付けていますので、この情報化社会において、最新の情報、知識を無料であなたは手にすることができます。他にも、プログラム参加者だけの特典も用意しております。

以下からは、
・この商品があなたに何を与えてくれるのか、
・あなたが何をすればいいのか、
・いかにあなたが気軽にこのプログラムを始められるか
を記載しています。

最後に、商品の価格も提示しております。
もちろん、即日このプログラムに参加し、即日実践できます。
ぜひ、ご覧ください。

あなたにお尋ねします。
あなたの「苦痛」とは何ですか?
子供が言うことを聞かない?
何かとお金がかかる?
自分の時間が取れない?
夫婦の時間がない?
ご主人が子育てに協力してくれない?

そして、今、こんな現実を味わっていませんか?
子供の言動にストレスがたまっている。
一時は発散できても、またすぐに、溜まってしまう。
美味しい物も食べれず、オシャレもできない。
子育てを一人でしていて、何も自分のための時間が取れない。

あなたの「本当の」希望とは何ですか?
「本当は」ノーストレスで子育てをしたい。
「本当は」美味しい物も食べたいし、オシャレもしたい。
「本当は」子供に毎日感謝しながら暮らしたい。
「本当は」いつ、どんな時にいくらくらいお金がかかるか知っておいて、備えておきたい。

なのに、今の自分ではどうにもならないと諦めた・・・。

もしもあなたが、現状を「少しでも」変えたいと思っているのなら。
一日でも早く、「今」を変えたいあなたへ
まずは、今のあなたの現実を、一日も早く変えてみたいと思いませんか?

日々のストレスを一気に0にできる。
子育てだけで一日終わっていたのに、自分の時間ができた。
毎月の支出が分かり、お金の心配がなくなった。
このような経験を、1度ではなく、毎日味わえるとしたら。
それは、誰でも経験できるとしたら。
そして、その経験があなたの人生を変えるかもしれないとしたら。
さらに、その方法が、1日250円以下の金額で学べるとしたら。
「いつの間に」子育てが苦しくなった?
子供を育てる。
教育は、国民の三大義務の一つであり、子育ては大人の義務です。
人は一度は、「子供が欲しい」と思ったことがあるかもしれません。

「子供は可愛い、宝だ」と思います。事実、その通りです。
で、実際、子供を授かり、育てることになった。
ところが、どうでしょう。

平成28年の厚生労働省の調査では、児童相談所への児童虐待対応相談件数は133,778件
となっています。
なんと、平成11年の11,5倍の相談件数だそうです。

相談内容は大きく分けて、
・身体的虐待
・ネグレクト(育児放棄)
・性的虐待
・心理的虐待
の4つです。

これは平成29年の調査であり、18歳未満の子持ち世帯は1173万4千世帯というデータが出ています。
つまり、公になっているデータだけでも、87世帯に1世帯は虐待に関して苦しんでいることになります。
実際は相談せずに苦しんでいる世帯もあるとも割れるので、もっとその数は増えるでしょう。
人間誰でも、虐待目的で出産はしません。
最初は、我が子は愛しくて仕方ないはずです。
ですが、いつの間にかその愛情がゆがんでしまう・・・。

ちなみに、これは私が独自で調べた結果ですが、子育てが辛いと思うときは、
・経済面で苦しくなった
・自分の時間がなくなった
・子供が言うことを聞かない
が多かったです(後ほどグラフでお伝えします)(詳細ページ参照)。

この3つ。どれも出産前から想定内かもしれません。
それを乗り越えてでも子供を授かる価値がある。だからこそ、出産されるのだと思います。
でも、現実は違い、日本のどこかで、年間13万人以上の人が何かしら子育で苦しんでいるのです。
子育てを「好き」になる必要があるのか?
上記のような公的データから察するに、どうやら子育ては、「子供が好き」という気持ちだけでは難しいようです。
子供を育てるには、お金も時間も労力もかけねばならない存在なのですから、確かに、「好き」という感情だけで子育てするのは危険かもしれません
つまり、仕事や遊びと同様に、子育ても、
「準備が必要」と言えるのではないでしょうか。

ここで、「日本人の90%が知らない事実」を、私独自の調査と共に、見ていきましょう。
上のグラフ(詳細ページ参照)は、私がお客様、友人、知人200人に聞いてみた、「子育てが苦痛に感じる時」です。
示しているように、
約50%が経済的に苦しい。お金が足りない。
と言っています。
次に子供が言うことを聞かない、自分の時間がない、と続きます。
子供は可愛い。
子供は宝物。
きっとそれは真実です。
子供の成長は何よりの生き甲斐になるし、その成長を一番身近で見れるのは親のみです。

それでも、です。
可愛い、大好きだけで子供は育てられません。
子供だって一人の人間です。
食べるし、着るし、遊びます。病気もします。それはある意味子供の仕事です。
でも、子供はお金を得るための仕事はしません。
ですので、人が一人家族に増えるのですから、お金がかかるのは当然なのです。
上のグラフ(詳細ページ参照)は、子育てに必要なものです。

1番必要なのはお金と答えたのが、200人中72人。
次に、ストレスのケアと愛情がほぼ同数です。
愛情が一番、と思われがちですが、現実は、お金とストレスのケアが必須と言えます。
確かに、お金の問題も解決できて、ストレスのケアもできれば、年間13万件以上もの虐待の相談はないかもしれません。

「せめて、子育てが楽しいものだったらいいのに」
「子育てって、きついだけなの?」
・・・と思う人もいるかもしれません。
そんな方のために、次のアンケートを実施しました。
これは、子育てを楽しむためにはどうすればいいか、

のアンケート結果です。
一位は、子供と一緒に楽しむ、です。
そして二位は、成長を楽しむ。

子育てで大切なのは、子供を特別扱いするのではなく、子供を一人の人として尊重し、共に成長していく。

そういうイメージでしょうか。
3つのアンケートから分かるのは、

1、まずはお金に余裕が出ることが必要で
2、子供が言うことを聞いてくれるようなしつけをし、子供の成長を楽しみ
3、その上、ストレスケアのために自分の時間を確保する

ことが、子育てを楽しくしていく上での「コツ」と言えるのではないでしょうか。
このアンケートの答えをよ~く見て考えた私は、ある結論に達しました。

「お金をかける」
「自分自身が成長する」
「自分の時間を確保する」
つまりそれは・・・、「自己投資」
なのではないか、と。

自己投資と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

・本を読む
・セミナーに行く
・目的のための商材を買う

などが一般的です。
いずれの自己投資にも共通するのは、お金と時間をかけ、自分を成長させることです。

子育ても、これに共通する部分があります。

多くの親は子供を立派に育てあげます。
でも、中には、ゆがんだ子育ての結果、子供に虐待や体罰を与えてしまう親もいます。

厚生労働省の公表によると、2018年の児童虐待相談件数は、159850件だそうです。
平均して一日438件の相談件数であり、一時間当たり18件の相談があっていることになります。

結婚して子供を育てるのは、素晴らしいことです。
事実、このプログラムの作成者である女性の方は、22歳で第一子を出産し、2020年1月現在、高校二年生、中学二年生、小学二年生の3人のお子さんを育てられています。
そんな中でも、日々の仕事、子供の送迎、家事をこなしながら、ストレスケアや自己投資として、美味しい物を食べに出かけたり、トレーニングジムに行き、筋トレをしています。

もちろん、虐待に関する相談は今まで0。したことがないそうです。

このように、子供を育てながら、自分がやりたいことをできる人もいる一方、ゆがんだ子育ての末、連日ニュースで報道されているような悲しい結末を迎える場合も少なからずあります。
正直、そんなニュースを聞いて嬉しい人なんて一人もいないはずです。
私もその一人です。
「そんなことするんだったら、子供なんて産まなけりゃ良かったのに・・・」
と思います。

人の人生を奪ったり、めちゃくしゃにした人は、当然、それ相応の罪を背負うべきでしょう。
ですが、ある時私は、悲しい結末を迎えた側の立場に立って考えてみました。
虐待すること前提で子供を産んだのだろうか?
いや、違うはず。
子供は自分の所有物だから、生んだ後もどうにでもなる。そう思って産んだのだろうか?
いや、違うはず。

新しい命の鼓動を感じると、愛しくて愛しくてたまらなかった。そんな気持ちを持ちながら、一生大事にするという覚悟を持って生んだはずです。
でも、現実は、愛しいと思う気持ちだけで子育てはできません。
人一人育てるには、独身の時よりはるかにお金が必要です。
また、ほぼ全ての自分の時間を、子供に注がなければなりません。
ただ、可愛い、愛しいの感情論だけでは決して子供は育てられません。
子供を持つ前の理想と、持った後での現実とのギャップ。日々離れていくその差に打ちのめされた結果が、悲しい結末だとしたら。
そんな悲しい結末を、一つでもなくしたい。

私はそう思いました。
そんな想いを形にしたのが、このプログラムです。
このプログラムのテーマは、
「子供の成長と、あなた自身の成長」
です。

よく、
「子供を産んだ時点で、お金も自分時間も子供のための使うので、自分のためのお金も時間も失われる」
と聞きますが、それは違うと、このプログラムでは断言します。
人を一人育てるのです。
お金がかかるのは当然です。
それは、子供を作る前に分かっているはずです。
でも、実際「お金がかかる」「経済的にきつい」
という声が絶えないのは、子供が何歳の時に、何が起こって、何にどれくれいお金がかかるかが、分からないからです。
分からないから、準備ができない。だから、いざ、お金が必要な事態になると、焦るのです。
これは日常生活にも当てはまります。
買い物にしろ外食にしろ、会計の時に始めて金額を知った、ということは稀のはず。ほとんどの場合、買う前に、注文する前に調べる、または知るはずです。

日常と同様、子育てに関しても。
あらかじめ、何歳の時にどれくらいお金がかかって、どんな不測の事態が起こりやすくて、そのためにどれくらいのお金が必要かが分かれば。
少なくとも、「急な出費ばかりでお金に困る!」という事態は起きにくいはずです。

また、人は赤ちゃんの時から、大人と同じような理解力があるはずがありません。
言葉遣いができるはずがありません。
行動ができるはずがありません。

そんなこと、誰にでも分かると思います。
にも関わらず、つい大人目線で、
「なんでそんなことするの!」
「何度言ったら分かるの!」
と怒る。

でも、そもそも子供はしていることに対して善悪の判断ができないのに、大人の基準で物を言っても理解できません。
だから、「衝突」が起こるのです。
ですが、最初から子供目線で、子供の脳の構造を理解していれば、子供への対応もその年齢に応じてできるので、楽しくしつけができるはずです。

さらに、世の中の虐待が、もともとは自分のストレス管理ができていないことが原因だとしたら。

あくまで私の感覚ですが、あと少し、親に余裕があったなら、防げた事件はいくつもあったのではないか、と思うのです。
逆を言えば、誰にでもストレス発散ができないことで事件を起こす可能性があると言うこと。
ならば、ストレス発散するための時間を子供を確保することは、子育てをしていく上で大切なはず。
つまり、どんなに忙しくても、自分の確保する方法があれば、究極的に、悲しい事件が減り、虐待への相談も減る。
私はそう考えます。

お金。
しつけ。
時間の確保。

この3つさえ何とかなれば、子育てはもっと楽しいものになるはずです。

先にお伝えした、
「子供が成長し、大人も成長する」
が体現できる。

親である大人自身も成長できるなら、子育ては、自己投資としての一面として捉えることができるはずです。

このプログラムに参加する「意味」とは。
もちろん、健やかに、子供を一人前の大人に育てていただく事が、このプログラムの第一の目的です。
ですが、それだけでは、このプログラムに参加いただく意味が半減します。
子供を育てているあなたは、親である前に一人の人間です。
確かに、子育てに自分の人生を注ぐのは素晴らしいことです。
でも、それだけでは少し寂しくないでしょうか。

子供はいずれ親元から離れます。
そんな日が来た時に、何も残っていないのは少し寂しい話ではありませんか?

詳しく話します。
「生き甲斐」という言葉があります。

これがあるから生きていける
このため自分は生きている
と言えるほど、その人を動かしている大きな価値のことです。

これはあくまで私の意見であり、私が世の中を見て聞いた真実でもありますが・・・。

生き甲斐を失うと、人は急速に老います。
例えば、
・今まで仕事一筋だった男性が定年を迎え、仕事を辞めた途端に、わずか数年で認知症を患った
・自ら経営する会社を売却し、莫大な資産を手に入れて若くしてセミリタイア。
それから、様々な病気を患った。
・子育てを生き甲斐していた夫婦が、子供が巣立って夫婦だけの生活になった途端、仲違いが生じ、熟年離婚。
というようなゾッとする話が実際にあるのです。

どれも原因は同じ。

一つの生き甲斐に固執して生きてきたからです。

あなたも少し考えてみてください。
今は子育てに夢中なのでいいでしょう。子供と一緒に過ごす時間は何よりの生き甲斐です。
日本では、少なくとも子供が成人式を迎えるまでは、親は責任を持って育て上げる義務があります。
ですが、それを超えた後。
あなたには何か残っていますか?
趣味がない。
やりたいことがない。
一人親で、その先もずっと一人だったら・・・
このまま、夫(配偶者)と二人で、特に何をするわけでもなく、ただ生きていく・・・
どうでしょうか。
やはり、少し未来がゾッとしませんか?
例えば。
子育て中でも、何か夢中になれるものを見つけておけば、子供が巣立った後も楽しみを持って生きていける。
そう思いませんか?

そのためには、あなたが子育てで一日終わってしまう毎日はなるべく避けて、自分の時間を作る必要があります。
また、自分の時間を作ることが、ストレスのケアにも繋がり、子育てを元気に続けていける活力にもなるのです。
子育てという、最も尊い自己投資をする一方、将来の自分のためにも自己投資をするのです。

この先、間違いなく人生100年時代が来るでしょう。
35歳で出産した人は、子供が20歳の時は55歳。
まだ40年以上もあります。
25歳で出産された人に至っては、まだ50年以上もあるのです。

このプログラムで、あなたにとってのセカンドライフを見つけて欲しいのです。
ここまでご覧いただき、誠にありがとうございます。

ここで、このプログラムの作成者である私の自己紹介をさせていただきます。
私は現在(2021年1月現在)39歳で、
高校二年生の女の子
中学二年生の女の子
小学二年生の男の子
の三児の育児をしています。

上の子二人はバドミントンをしていて、何かと世話がかかりつつも、自分の好きなことをしながら生きています。
楽しく子育てをし、好きなことをしながら生きている私ですが、育児生活17年間の中で、「子育てが嫌」「独身に戻りたい」と思ったことは何度もあります。

実は私は、事情により両親も祖父母もおらず、ただ一人の姉は遠くに住んでいるため、とても自分の肉親に子供を頼める状況ではありません。

しかも、主人は土日勤務の夜勤ありのシフト制の仕事なので、なかなか育児や家事を頼めない状況なのです。
それでも、これまで何とかやってこれたのは、
・主人の両親の手助け
・友達の支え
・子供達同士の支え合い
のお陰です。

先ほどもお伝えしたように、平成30年度の虐待相談件数は約16万件です。
これは1日で430件以上、全国のどこかで相談がある計算になります。

私個人としては、
「出生率がもっと上がって、日本の将来を担う人達が一人でも多く増えて欲しい」
と思っていますが・・・。
少子化の影響で児童数が減っていく現状を見ていると、さてどうなるだろうか・・・と、考えさせられます。

そんな中、私ができることは、
「一人でも多くの子供が生まれて欲しいし、その子供を育てる大人も、自分の時間を満喫しながら子育てできるよう支援する」
ことだと気付きました。

その結果、生まれたのがこのプログラムです。

このプログラムは、現時点での私の経験、想いを詰め込んだ渾身の作品であり、また、多くの友人のアドバイスをいただき、その支えを形にした作品でもあります。
加えて、何が何でも育児を楽しいものにしていただくために、徹底的にサポートする。
そんな決意が込められたプログラムでもあります。

育児に対する皆さんの様々な悩み。
お金、しつけ、ストレスのケア。
一言で言えば、これらの言葉で収まるのでしょうが、個々の悩みは、もっと複雑なはずです。
その、パーソナルな悩みを解決し、子育てを楽しいものにし、自分自身も成長していただく。

そんなプログラムを作りました。


¥181,419 商品サイトに行く




他の人が見ている商品

前
後
関連する商品

他サイトの同一商品

総合商品紹介所(https://find.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
儲けネタ(https://goods.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
オンライン販売所(https://online.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
ショップ(https://shop.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
情報(https://info.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
情報販売(https://infobest.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
セール(https://sale.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
フリーマーケット(https://freemarket.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
情報市場(https://market.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
情報楽座(https://rakuza.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
情報楽市(https://rakuichi.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
副業情報満載(https://sidejob.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
在宅で稼ぐ(https://athome.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
在宅で副業(https://fukugyou.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
在宅案件満載(https://zaitaku.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
在宅でお仕事(https://zaitakujob.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
オンラインDE副業(https://onlinejob.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
在宅ライフ(https://zaitakulife.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
副業ライフ(https://fukugyolife.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)
情報商材レビューまとめサイト(https://reviewsummary.lpsuper.com/shohinpage/hp91018.php)