【商品名】SEO Writing

商品ページ画像

株式会社イーブックジャパンPDF 182(本編)特典PDF:169P2021-06-01
ネットビジネスを始める9割以上の人が躓いてしまう壁。

それは他でもなく「集客の壁」であり、
多くのネットビジネス参入者は、その「集客」が上手くいかず、
成果を上げる前に「挫折」への道を辿ってしまっている傾向にあります。

先立つ「集客」が上手くいかないからこそ、結果を出す事が出来ず、
やはてモチベーションが下がってしまい継続を諦めてしまっているのです。

では、そんな集客の壁を超える事が出来ている人と、
その壁を超えられずに挫折の道を辿っている人の違いは何なのか。

それは見込み客を集めるべくして集める事が出来る、
それだけの「集客の術」を用いることができているかどうかであり、

『それに準じた「然るべきスキル」を有しているかどうか』

が非常に大きな分かれ目になっているのが実状だと思います。

ただ、ここで言う「集客の壁」にあたるものは、
自らのメディア(ブログなど)にただアクセスを集める事を指すものではなく、
あくまでも「成果に結び付くような見込み客を集める事」を指すものです。

つまり、ネットビジネスにおける「集客」の本質は、
成果に結び付くような見込み客を集めていく事に他なりません。

そして、そんな「成果に結び付くような見込み客」を
集めるべくして集められる「最善の術」にあたるものは、
やはり「検索エンジンからの集客」に他ならないと思います。

更に言えば、そのために必要不可欠となる「然るべきスキル」は、
そのコンテンツ作りを担う「ライティングのスキル」に他ならないのです。

今は動画(YouTube)やSNS(Twitter、Faacebook)など、多くの集客の術が選択肢として挙げられる時代です。

ただ、その中でも「集客効果の高さ」という点では、やはり「検索エンジンからの集客」に勝るものはありません。

特定の情報を求めているインターネット利用者を、検索キーワードを前提に集客できるのは検索エンジンのみであり、このような特性は他の集客サイトには存在しないからです。

また、YouTubeやTwitter、FaacebookなどのSNSは、やはり娯楽や暇潰しを前提とする利用者が大半を占めています。

つまり、特定の情報を求めているインターネットの利用者を、そのニーズを前提に集客ができるのも検索エンジンだけなのです。

娯楽や暇潰しを目的に、何を求めているのかも分からない人達と、何を求めているのかがハッキリと明確になっている人達。

どちらが高い集客効果を発揮できるかは言うまでもありません。

そして、その「検索エンジンからの集客」において、最もその「成果」を大きく左右していく事になるものは、

「コンテンツそのものの質(価値)」

に他ならないのが、今の検索エンジン対策の実状です。

では、その「コンテンツの質」を左右するものは何か。

それこそが、その「コンテンツ作り」そのものを担う、ライティングのスキルに他ならないという事です。


大前提として、検索エンジンが本質的に目指している事は、キーワードを検索した利用者に対して、

・その利用者が「価値」を感じるサイト
・その利用者が「求めている情報」を提供しているサイト

このようなサイトを的確に表示していく事であり、
その精度を高めるために今も検索エンジンは進化を続けています。

実際に入力された「検索キーワード」に対して、

・最も的確な情報を提供しているサイト
・利用者が価値を感じるであろうサイト

これらを上位に表示できるアルゴリズムを追求し続けているという事です。

そして、そのアルゴリズムの精度を最も高められているのが、
現在の主要検索エンジンである「グーグル」に他なりません。

現に今の時点でもグーグルの検索エンジンにおいては、
人工知能並みのアルゴリズムを確立していると言われています。

まさに、キーワードを入力してアクセスしてきた訪問者が、

「求めている情報が的確に示されている」
「価値のある情報が提供されている」

といった反応を示す可能性が高いコンテンツこそが「評価」され、
実際に上位表示される仕組み(アルゴリズム)が確立されているのです。

故に、検索エンジン対策は、

『訪問者目線によるコンテンツの評価(満足度)』

こそを重要視するべきであり、その評価を高めるものは、
やはりそのコンテンツを構成する「文章」に他なりません。

訪問者の反応を高められるような文章でコンテンツを作り上げていく事。

これこそが、検索エンジン対策の本質的な「答え」で事であり、
そんな文章を自在に書き上げていくために必須となるスキルこそが、
他でもない「コピーライティング」なのです。



その「訪問者の満足度」を図る指標として、
検索エンジンが最も重要視していると言われているのが、

・検索エンジンからアクセス誘導した訪問者の滞在時間
・検索エンジンからアクセス誘導した訪問者のページ観覧数

この2つの要素であり、これらの数字が高くなるほど、
検索エンジンはサイト(コンテンツ)の評価を高めると言われています。

検索エンジンを介して実際にアクセスしてきた訪問者が、
そのサイトに長く滞在して多くのページを観覧したという事は、
サイト内のコンテンツに価値を感じていると考えられるからです。

少なくとも、先立って訪問したページに「価値」を感じなければ、
そのサイト内で別のページを観覧していこうとは思わないはずです。

 目にしたページが詰まらなかった ⇒ 戻るボタン、閉じるボタンを押す
というのが多くの訪問者が取るであろう当然の行動であり、

 目にしたページに価値を感じた ⇒ そのサイト内の別のページにも目を通していく
という行動こそが、その「滞在時間」を伸ばす事になり、
同時に「ページの観覧数」を伸ばしていく事にも繋がっていきます。

つまり、先ほど挙げたような

・検索エンジンからアクセス誘導した訪問者の滞在時間
・検索エンジンからアクセス誘導した訪問者のページ観覧数

これらの数字が伸びていくようなサイトというのは、
訪問者を満足させる情報を提供している可能性が高いのです。

だからこそ、検索エンジンは訪問者のサイト内の滞在時間、
ページ観覧数が伸びているサイトの評価を高めていく傾向にあります、

それらを伸ばせるコンテンツを作っていく事こそが、
検索エンジンの「評価」に結び付いていくという事です。

ただ、実質的に大多数のサイト運営者、ブログ運営者などは、その不可欠な「ライティングのスキル」を身につける事が出来ていません。

故に、アフィリエイトなどの広告ビジネスにおいては、その95%が稼げないという結果になってしまっているのです。

例えば、書き上げた記事を検索結果の2ページ目以降に表示させる事は、キーワードによっては、そこまで難しいことではありませんが、そこからでも僅かながらのアクセスは入ってきます。

言わば、その時、「その訪問者がどういう動きを取るか」

が重要であり、その段階でろくに記事を読まれるような事もないまま、
訪問者が即、退室してしまうようでは、そもそも話になりません。

 即、退室した(戻る、閉じるボタンを押した)= コンテンツが不適切だった
検索エンジンはこのような判断を下す事になり、
その時点で検索エンジンからの評価も下がってしまうからです。

だからこそ検索エンジンからの訪問者においては、
まず記事を読んでもらう必要があります。

実際に訪問者に相応の「価値」を提供し、
そこから相応の「満足感」を引き出していく為には、
まず「記事を読ませる」という段階をクリアしなければならないのです。

ただ、訪問者がまず目にするのは記事の頭の冒頭文に他ならないため、
その為には「続きが読みたくなる冒頭文」を作る必要があります

つまり、サイトやブログに投稿していくコンテンツ(記事)においては、

『その冒頭文から検索エンジン対策を意識する必要がある』

という事です。

基本的に検索エンジンからアクセスしてくる訪問者というのは、
その記事を「読む」という意識を固めて訪問してくるわけではありません。

「このサイトは自分が求めている情報を提供してくれているか」

これをまず見定めるような意識で冒頭文や記事の全体を捉え、
そのサイトに滞在するかどうかを判断していく訪問者が大半だからです。

故に、実際にサイト(ブログ)を構成していくコンテンツにおいては、
冒頭文の段階における「掴み」が非常に重要になってきます。

そんな「訪問者の意識を鷲掴みに出来るような冒頭文」を構成してこそ、
その1つ1つの記事が「読まれる記事」になっていくのです。

しかし、現実として大多数のサイト運営者は、
この「出だし」の段階で大きく損をしている傾向にあり、
そのためにコンテンツが「評価」されていない傾向にあります。

実際に投稿した記事が2ページ目以降にサイトが表示された際、
そこから入ってきた僅かなアクセス(訪問者)さえ、
即座に逃がしてしまっている傾向にあるからです。

当然、そのようなコンテンツばかりのサイトが
検索エンジンに「評価」されるはずがありません。

訪問者が即座に退室している = そのサイトの情報には価値が無い

検索エンジンは普通にこのような判断を下していく
人工知能並みのアルゴリズムを既に確立しているからです。

そして検索エンジンの仕組みは今も常に進化し続けているのです。

検索エンジン対策の究極的な「答え」にあたるものは、
ほぼ、これに集約されると言っても過言ではありません。

・まずは読ませる。
・その文章にグイグイと訪問者を引き込んでいく。
・そのサイト内のコンテンツを次々と読ませ続けていく。

このような訪問者が続出するようなサイト(コンテンツ)は、
たとえ公開時点の順位が3~4ページ目以降であったとしても、
その「順位」を時間の経過と共にグイグイ上げていく事になります。

検索エンジンからアクセスしてきた訪問者の「動き」こそが、
そのサイト内のコンテンツの価値や質を示す指標に他ならない以上、
訪問者が次々とサイト内を次々と巡回していくようなサイトは
おのずと検索エンジンに評価されていくようになるのです。

端的に言えば、その積み重ねによってこそ、
サイト全体の検索エンジンからの「評価」が決まり、
その評価の上で1つ1つのコンテンツの表示順位が決まっていきます。

だからこそ、検索エンジン対策においては、

・まず記事を読ませるだけの興味を引き出せる文章
・そのままグイグイと読み手を引き込める文章
・更に別のコンテンツを読む進めていく意欲を引き出せる文章
このような文章を自在に書き出せる「原則」を知り、
そのためのポイントをしっかりと押さえていく必要があるのです。

まさにそのような「文章のスキル」こそが、検索エンジン対策において、
何よりも高いパフォーマンスを発揮していくという事です。





例えば私が実際に運営している

「コピーライティング至上主義者の会」

というブログ1つを例に挙げても、
このメディアを介して上げている以下のような数字(実績)は、
検索エンジンを入口に集めていったアクセスから生み出しています。
(詳細ページご参照)

¥9,800 商品サイトに行く




他の人が見ている商品

前
後
関連する商品

他サイトの同一商品

総合商品紹介所(https://find.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
儲けネタ(https://goods.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
オンライン販売所(https://online.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
ショップ(https://shop.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
情報(https://info.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
情報販売(https://infobest.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
セール(https://sale.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
フリーマーケット(https://freemarket.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
情報市場(https://market.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
情報楽座(https://rakuza.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
情報楽市(https://rakuichi.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
副業情報満載(https://sidejob.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
在宅で稼ぐ(https://athome.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
在宅で副業(https://fukugyou.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
在宅案件満載(https://zaitaku.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
在宅でお仕事(https://zaitakujob.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
オンラインDE副業(https://onlinejob.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
在宅ライフ(https://zaitakulife.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
副業ライフ(https://fukugyolife.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)
情報商材レビューまとめサイト(https://reviewsummary.lpsuper.com/shohinpage/hp91537.php)